ミュージカルに感動同じシーンで泣くのはなぜ

ミュージカルに感動して毎回同じシーンで涙が出るのはなぜだろう

ここだけの話 長文読みもの

ミュージカルに感動して毎回同じシーンで涙が出るのはなぜだろう

更新日:

かなり昔、「タイタニック」という映画がめっちゃいいから一緒にいこう!と誘われて、映画開始早々誘ってくれた人が隣でガンガン泣き始めてドン引きしたことがあります。

みなさんこんにちは、禁断(@J_kindan)です。

 

前回記事:「ミュージカルって急に歌い出すから恥ずかしいよね」問題を徹底解説

 

 

さて先日書きましたこちらの記事。

舞台・ミュージカル好きな人はなぜ何回も同じものを繰り返し見るのか

 

この記事は「共感できる」「わかりやすい」という人が多かったようです。シェアして頂きました皆様、ありがとうございました。

ね、何回も見ちゃいますよね、同じヤツをムフフ。

 

 

では今回は、この記事から派生したお話を書いていきますね。

 

 

スポンサーリンク

これって病気?同じミュージカルを何回も見ていて、わかっている筈なのに毎回同じシーンで泣いてしまうのはなぜなんだろう

 

 

 

私は、「レ・ミゼラブル」のラストシーン(バルジャンのご臨終間際に娘のコゼットが駆けつける場面)はもうダメです。毎回必ず泣きます。結構エグエグ泣きますぜ。あと、エポニーヌが死んじゃうとこも泣きます。そこはシクシク泣きます。

 

もう思い出しただけで、アカン。

 

 

何回も見ているはずなのに

そうなんですよ。もう「何回も見ているミュージカル」なのですから、当然ストーリーもわかっている筈だし、登場人物が死んじゃうところや別れのシーンなんかも頭に入っている筈なのに、なぜだか毎回同じところで泣いてしまうんです!

 

これって、もしかして、びょ病気かな?!! ヒー!

 

 

オペラ座の怪人もアカン

演じる俳優によって、ラスト「クリスティーヌが怪人に指輪を返すシーン」が違う、ミュージカル「オペラ座の怪人」もアカンです。

 

 

すんません、ちょっとラストシーンのエエ写真が見つからなかったので、コゼットに引き続きクリスティーヌもケイティ・ホールを選びました。いや、ケイティいいんですよ。ソプラノが綺麗すぎて。

 

怪人によって演技や反応が違うから、コレめっちゃ泣けます。怪人によってはゴォゴォ泣けます!!

 

⇒ ミュージカル『オペラ座の怪人』指輪の謎に迫る

 

 

四季「オペラ座の怪人」4,000回記念週はもう佐野怪人が神がかってまして、毎回号泣、嗚咽、足ガクガクで席から立てないという状態を毎日体感しました。

 

 

涙が出るのはなにも哀しいシーンだけではない

最初に言っておきますが、舞台やミュージカルを見て泣くことは”病気”ではありません! 笑

 

私は「涙が出る」まではいかないけど、ディズニーミュージカル『ライオンキング』オープニングシーンのサークル・オブ・ライフは、何度見ても大きな感動が蘇ります。

 

あのシーンは大好きで「見てるだけで涙が出ちゃう」という人もたくさんいる筈です。

 

 

必ずしも「哀しいから涙がでる」ということではないんですね。

 

大きく、強く感動した時にも自然と涙はでるのです。

 

 

スポンサーリンク

ストーリーも何もない、ただ猫が歌って踊るミュージカルでも感動して涙がでる

まぁ、「キャッツ」のことですよね(笑)

 

意外に思う人もいるかもしれませんが、「キャッツ」にはストーリーはありません。そもそもT.S.エリオットの詩を元に作られた、アンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲したコンセプト・ミュージカルが「キャッツ」なのです。

 

で、主役は人間ではなく猫。次々と個性的な猫の紹介が始まり、当然ながら猫たちは歌って踊るし、プレイボーイ猫が観客連れ去ってヒップホップ踊るわ、めっちゃ悪い悪魔みたいな猫が出てきて皆ボコボコにされるわ、劇場猫の劇中劇ははじまるわ、手品猫が出てきてビッグマジックを披露するわ、ボロボロの雌猫がなぜか最終的に選ばれて天に召されるわ・・・

 

と、荒唐無稽な展開が次々と繰り広げられ、最後にはズラリと並んだ猫たちに「猫は犬ではない!」と宣言され終わります。

 

「なんじゃそりゃ!!」と思うでしょうね。知らない人は。

 

いやでも、これが毎回超感動するんですって!キャッツ!ラストに泣いている人も多いです。

 

 

 

大袈裟でもなんでもないんですよ。

でも本当に、知らない人からすれば「なんで?」って思うでしょうね(笑)

 

キャッツを見ればよくわかります!

 

 

 

「キャッツ」の場合は、メモリーで泣かされる

これも多くの人がそうだと思いますが、ミュージカルキャッツの場合は名曲「メモリー」の披露があります。この「メモリー」にやられてしまうんです。

まぁこれもね、何回も出してくるんですよね。3回は出てくるかな? でも2回は途中までしか歌いません。もったいぶるんですね。

 

そしてクライマックスにようやくフルコーラスで歌います。もーお、これがイイんですよね!散々焦らされた挙句ようやく!ですから。

もちろん歌い手の技量によっては涙が引っ込む場合は無きにしもあらずですが、それでも殆どの格率でこの「メモリー」を聞いて涙が出ちゃいます。

 

 

 

なんだろう、音楽や曲、歌の力なのかな・・・

 

そこから怒涛のように壮大なエンディング(猫は犬じゃない)に流れていきますから、感動は引きずりっぱなし。もうめっちゃ嬉しそうにノリノリで手拍子して、終演した後には「あー面白かった!またキャッツ見に行こ」というループを繰り返すのです。

 

これですね。

⇒ 舞台・ミュージカル好きな人はなぜ何回も同じものを繰り返し見るのか

 

 

劇団四季のミュージカル「キャッツ」は2016年7月より大阪公演がスタートします。

⇒ 劇団四季ミュージカル『キャッツ』大阪公演2016年7月開幕

現在キャッツは札幌で上演中。2016年3月までです。

 

ミュージカル以外でも泣いてしまうことがある

私は、フィギュアスケートが好きでよくテレビ中継で観戦をします。まぁ、フィギュアの場合は”観戦”というより”鑑賞”と言った方がいいかもしれませんよね。

 

こんな音源検証記事を書いたこともありました。

⇒ 【音源検証】羽生結弦選手フリープログラム、ミュージカル『オペラ座の怪人』音源を徹底検証してみた!

 

 

で、以前はフィギュアの会場にも何度か観戦しに行ったことがありました。で、どの選手だったかはちょっと思い出せないのですが、もうね、それは素晴らしい演技を披露してくれたんです!

で、広い代々木体育館のスタンド席にぎっしりの観客が、ドドドドーと音を立てて、一斉にスタンディング・オベーションをしたんです!

私はね、ドカーンと心に衝撃を受けてしまって、その時は立てなかったんですね。もうその場でヘタレこんで号泣して、座り込んだまま嗚咽ですよ。とにかくめちゃくちゃ感激したんですね。その選手のパワーと演技、そしてその会場の雰囲気に!

 

で、それ以降なんですけど、フィギュアのテレビ中継を見ていて、スタオベになるじゃないですか。

 

 

 

そのスタオベ見るだけで、なぜだか泣けてしまうという、奇妙な現象が起きるようになりました!笑

 

その現象は今でもずっと引き摺っています。

 

ライブスタンディング

人間は、あまりに衝撃的な大きな感動を一度でも受けると忘れられなくなる

出典:pixabay.com

 

 

いや、これ・・・やっぱり病気ちゃいますかね・・・

 

 

病気ではなく”刷り込み”効果

はい、そうですね。もちろん病気などではありません。

これは、もう衝撃に近いような大きな感動をしたことが心の中にあまりに強く印象に残っているによる、いわゆる「刷り込み」と同じような現象であると分析します。

 

例えば初めて見たミュージカルを見てめっちゃくちゃ感動したとします。そして、1回でやめておこうと思っていたのにまたチケットを追加しちゃって、また見に行ったとしますよね。(「チケット追加」は良くある話 笑)

 

次の観劇からはもう、オープニングの音楽から感激しちゃって、ジーンと来るし涙がジンワリ溢れる。という現象が起こります。これも「刷り込み」ですね。そのオープニングの音楽で、最初に受けた衝撃的な感動が一気に蘇った、ということなんですね。

 

だから、毎回同じシーンで泣けてしまう、というのは「前回ここで泣いた」という印象による刷り込みが作用しているのです。あとは繰り返しですね。最終的には「いつもここで泣いちゃう」というポイントになってしまいます。

 

 

やっぱり好きなものは夢中で没頭するし、何回も見たくなるし、いつでも泣いちゃうんだよね

はい、最終的にはココに落ち着きます。

 

これですね。

⇒ 舞台・ミュージカル好きな人はなぜ何回も同じものを繰り返し見るのか

 

演劇やミュージカルを見て、感動して泣いて「スッキリした!」と清々しい気分になれば、また仕事や学業に精を出せるってなもんですよね(笑)

 

いや、本当に。不思議と泣くとスッキリするんですよね。

 

ジャンプする女の子

ミュージカル見ていっぱい泣いてしまったけどなんかスッキリしたわー!

出典:pixabay.com

 

 

でもたまに泣きすぎて頭痛くなったり、過呼吸や呼吸困難に陥ったり、足が震えてガクガクになって歩行困難になったりと、どう考えても「一時的に体調不良」になることもまぁありますが(笑)、

それでもこの一回一回の感動・感激を体感するのが大好きだしそれをめっちゃ大事にしてるから、何回でも見に行ってしまうんですよね~

 

 

まとめ:何回も同じものを見ているはずなのになぜ同じシーンで泣くのか

なんかね、もうトシなのかもしれませんが、結構日常の色んなところで泣けるんですよね。

まず朝ドラね。今やってる「あさが来た」めっちゃエエドラマね!これ毎回ジンワリと涙を流しちゃいます。

 

あと、仲の良い友達が猫をたくさん飼ってるんですけど、ある猫が病気になってめっちゃ看病したけどダメだった詳しい話を聞いた時、ワシも泣いた。

 

それから、3年ぐらい前に会社をもう辞める直前ぐらいだったんですけど、その時は随分社内の人間関係に悩んでいた頃でした。

とある企業の社長からめっちゃ感動する言葉で励まされて、もうね、お話聞いてる途中から涙が止まらなくなって。社長のお話終わってからもトイレに駆け込んで個室でずーっと嗚咽したこともありましたね。

 

・・・いくらなんでも、ちょっとヤバないですかね。

 

 

ちょっとこれ、ミュージカルの影響強いんちゃう??

 

 

なんか、ミュージカルのせいで泣きやすいスイッチ搭載したカラダになってしもたんちゃう??

 

 

涙をシャワーで洗い流す男

ちゃうねん、ワシほんまはそんなに泣くヤツちゃうねん。でもミュージカル見すぎて泣きやすいヤツになってしもてん!

 

 

まぁ、ええか (笑)

 

 

 

みなさんの「このミュージカルのこのシーンで毎回泣いちゃうよヒーン!」や、「日常でもこんなシーンでか必ず泣いちゃうよフエエ~!」というのがあれば、是非教えて下さいね。

 

 

初心者の方にオススメ、感動しすぎて嗚咽して足ガクガクになるDVD

オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-12-05)
売り上げランキング: 557

 

オペラ座の怪人25周年記念公演inロンドン!まだ「オペラ座の怪人」は見たことない、というあなたには絶対オススメします。号泣、嗚咽、足ガクガクになるのは間違いありません。

ただ一つ副作用としては「他のオペラ座がもの足りなく感じてしまう」かも??笑

1,000円なんで。めっちゃ安いので是非どうぞ~

 

 

次の記事はこちら!

ミュージカルのチケット手配を頼まれたらしっかり断った方がいい理由

 

スポンサーリンク

関連記事・Ad

この記事を書いた人

禁断J(禁断先生)

観劇ブロガー/オペラ座の怪人専門家。劇場で「禁断さん」と呼ばれるのは恥ずかしいですがもう慣れました。
運営者情報 禁断劇場 
ツイッター
 メルマガ お問い合わせ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断J(禁断先生)をフォロー!

この記事がおもしろいと思ったらシェア!

-ここだけの話, 長文読みもの
-, , , , , , , ,

Copyright© 今週もやっぱり禁断症状 , 2017 All Rights Reserved.